中古車購入時に注意したいカーナビの扱い

中古車購入時に注意したいカーナビの扱い

カーナビがない人が中古車を購入するとき

もし旅行に行くとき、行き先を告げたらそのまま何もしなくても良いものだったらどうでしょう。あるアニメでは、ドアに向かって行き先を告げるとドアの向こうに目的地が広がっています。たしかに便利ですけど、それまでの過程について楽しむことが出来ません。鉄道や飛行機、バスなどを利用することがあると思いますが、そのときに乗り換えをどうするとか、食事をどこで行うとか考えるのが楽しいこともあるのです。ツアーなどを利用すると、添乗員さんに付いて行けば良い場合もあります。どの部分に楽しみを感じるかによって、選び方も変わるのだと思います。ドライブをするときにおいても、自分で地図を調べて標識などを確認しながらいくか、別の方法かです。

現在においては、カーナビがあります。目的地を入力すると、後は方向をどんどん案内してくれます。間違えても、間違えたところからナビをしなおしてくれますから途方も無いところに行くことはありません。便利ですが、一度利用するとない状態には戻れないと思います。それを覚悟して取り付けたり、ついている自動車を購入することになります。現在ついていない車を所有している、または車自体を所有していない人が中古車を買おうとしています。そしてこの人は必要と考えています。どうすればよいかです。予めついているものを買うか、ついていないものを購入して後から取り付けるかです。それぞれどれくらいの費用がかかるかを目安にしたいと思います。

予めついているものの場合、データが古い可能性があります。でも、新しいものにすることは出来ます。1万円ぐらいから出来る場合があります。車体プラス1万円と考えましょう。ついていないものなら、5万円から10万円ぐらいの本体が必要になります。さらに取付費用として1万円ぐらい必要になるでしょう。本体プラス6万円から11万円ぐらいになります。ついている場合のコストと比較すれば、価格上の比較をすることが出来ます。

Copyright 2014 中古車購入時に注意したいカーナビの扱い All Rights Reserved.